滋賀県長浜市,超音波エコー,ファシア,筋膜性疼痛,頭痛,肩こり,腰痛,膝痛,股関節痛,インソール,健康増進,加圧トレーニング

健康行動の実践が今を変える
 運動器疼痛、慢性痛の臨床18年


フィジオ(滋賀県長浜市)


 

お気軽にお問合せください

0749-65-7349

6週間以内に9割の患者が自然回復するというのが世界の腰痛ガイドラインの見解

世界の腰痛診療ガイドラインの分類
=> 「腰痛を危険な腰痛(レッドフラッグ)
=> 安全な腰痛(グリーンライト)

レッドフラッグを除く、全腰痛のほとんど(95~99%)が自然に治癒するグリーンライトとされていますが、3ヵ月から6ヵ月という期間を短縮するためや、再発の予防を考えると高度専門職であるフィジオのようなところに相談することが望ましいと考えます。

1. 安全な腰痛 グリーンライト

 原因が解らないとされる85%の腰痛「非特異的腰痛」は、グリーンライト。

腰椎部、仙骨部、臀部、大腿部の痛みなどを訴えることが特徴で、楽な姿勢がある、動作によって痛みが変化する!!全腰痛患者に占める割合は80~90%

(Acute Low Back Pain Interdisciplinary Clinical Guidelines,2002)

グリーンライトの腰痛は6週間以内に90%の患者が自然に回復する

・・・と言われている

(Clinical Guidelines for the Management of Acute Low Back Pain,2001)

 腰痛よりも下肢痛(主に片側か片側優位)が強く、膝下からつま先まで痛みが放散したり、しびれや知覚異常、筋力低下がみられたりする場合は神経根性疼痛である。全腰痛患者に占める割合は5~10%

(Acute Low Back Pain Interdisciplinary Clinical Guidelines,2002)

6週間以内に50%の患者が自然に回復する

(Clinical Guidelines for the Management of Acute Low Back Pain,2001)

2. 腰痛の危険因子 イエローフラッグ

 

すべての方が、グリーンライトで示したように6週間で自然回復するわけではありません。再発や慢性化している方も多いのが現実。こうして回復の妨げになっているのがイエローフラッグと呼ばれる腰痛の危険因子です。

Yellow flag心理社会的要素
• 予後因子:職業的背景、心理社会的苦痛、患者の予想、そし
て過度な症状の訴えなど。
• ヨーロッパ・ニュージーランドの診療ガイドラインが詳しい
– Guide to Assessing Psychosocial Yellow Flags in Acute Low Back Pain,2004
① 積極的に社会復帰しようとは思えない
② 痛みがゼロになってからの社会復帰。
③ 日常生活動作を避けているために運動不足。喫煙習慣。
④ 治療者や医療機器に対する依存心が強い。
⑤ 身体を機械のように考えていて、その修理を求めるような技
術的な治療法への期待感がある。
⑥ 日常生活や仕事によって強くなった痛みに対する恐怖心。
⑦ 睡眠障害、うつ、不安
⑧ 仕事を代わりにしてくれるなど、配偶者やパートナーが熱心
に気遣ってくれる。

これについては次に記載します。

最も効果的な介入はフィジオでも行っている認知行動療法に基づく運動療法が活動制限と痛みの改善に効果的であることが世界の腰痛ガイドラインで明確に示されています。

腰痛の回復を邪魔する危険因子とはどんなこと?

  • イエローフラッグは臨床転帰不良や慢性疼痛、活動障害をもたらす患者自身の心理社会的問題。痛みを大惨事と捉える、重病だという思い込み、過度の心配、抑うつ、動作恐怖、将来の不安、受動的態度、効果のない治療など。 
     
  • ブルーフラッグ職場に関連した問題肉体労働、満足度の低い仕事、職場の社会的支援不足、ストレスの多い仕事、労働環境や作業内容の変更が行なわれない、労使間のコミュニケーション不足など
     
  • ブラックフラッグ患者をとりまく社会的環境に関する問題会社や医療関係者との意見の不一致、補償問題、各種手続きの遅延、恐怖心を煽るメディアに対する過剰反応、家族からの否定的反応、社会的孤立や社会的機能不全、役立たない職場復帰計画など。

これらは腰痛のみでなく、広く『痛み』の改善を阻害する危険因子となると考えられます。

6週間も我慢したくない
再発予防も含めて根本的な体の原因を解消したい
安心したい
なかなかすっきりしない
      ☆どうぞご相談ください☆

痛みに屈しないために、不安に翻弄されないために
  『恐怖回避指向(緑色)』に陥ってはいけない
      そのために専門家の助言を求めてください。

慢性の痛みは非常に複雑で、心理社会面も考慮することが大切であることが脳機能画像などをつかって解明されようやくNHKなどでも放送されるようになりました。テレビにでるということは視聴率が取れるように皆さんの関心の高まりがあるということです。しかしテレビで紹介されていることが全てと捉えてはいけません。これだけが唯一の原因ということはなく、みんなそれぞれに持っている背景が違うので、脳が7割でカラダが3割の人もいれば、カラダに8割の原因があり脳に2割・・・という人もいるのです

 

そういった慢性痛の解明が進む中で、医療者や治療者が関係する慢性痛というものも存在しますので当てはまらないかよく考えてみましょう。

 また、医師から告げられた診断名に翻弄され傷つき、期待通りの治療をしてくれないとっていませんか?魔法のような効果を期待してドクターショッピングを繰り返していませんか?手術すれば「もとに戻る」という思い込みから過度の期待をして手術し、現実に落胆していませんか?

 

 さらにはテレビや雑誌、インターネットでは健康情報が満載で、「魔法の○○」、「これが原因だった」など情報過多で混沌としている状態です。

 そんな情報過多の中で、闇雲にいろんなことにチャレンジしては失敗することを繰り返していませんか。それはあなたの自信をさらに失わせ、不安がらせていませんか

 

メディアにはあなたのことは書いていません!

あなたの住む社会や歩んできた人生を踏まえてこうすればいいよと情報発信しているものはメディアには一つもありません。まずは情報の断舎利(だんしゃり)をしませんかと提案することは非常によくあることです。

 

  • 痛みは慢性化すると姿勢や動きの異常だけでなく、脳などの神経系で、痛みを調節する機能が障害されてしまい、自発痛や知覚異常、放散痛やアロディニアなどの病的な痛み(こじれた慢性痛)に陥ってしまうので注意が必要です。そしてこれらはなかなか医療者にも周囲にも理解してもらえません。

 

腰痛やコリの多くは結果として生まれたもの。それを生んだ原因を問診や姿勢や動きの質などの身体評価を用いて「なるほど!」という根本的な原因を突きすすめると自信と生活を取り戻せます。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0749-65-7349

受付時間:9:00~13:00  15:00 -19:00 

(土:9:00-15:00     日祝日は休業)