滋賀県,長浜市,米原市,彦根市,敦賀市,肩こり,腰痛,股関節痛,ひざ関節痛,坐骨神経痛,ファシアリリース,AKA,トリガーポイント,整体,パーソナルケア,保険外リハビリ,インソール,加圧トレーニング

神経筋関節の評価と施術×運動療法┃肩こり,腰痛,ひざ痛,神経痛,滋賀県長浜市 フィジオ
神経筋関節の評価と施術×運動療法┃肩こり,腰痛,ひざ痛,神経痛,滋賀県長浜市 フィジオ

腰痛,関節痛,神経痛を改善するコツ

腰痛,関節痛,神経痛を改善するコツ

□フィジオでは神経痛や筋肉の痛み、関節の痛みなどの不快な症状や違和感などに対して、身体評価を行い、可動性が低下した部位の動きを促し、体の安定性や対称性、身体機能を高めることを目的に各種コンディショニングやトレーニング、生活作業関連の指導やセルフケアなどを行っています。

医療機関ではありませんので、ご理解の上ご相談ください。(病気とは:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%97%85%E6%B0%97)

詳細は下記の各ニューからご確認ください。

身体の動きを見て、直接筋肉の硬さに触れて施術する辻村先生の姿は、本来医師に対して患者さんが期待したものに違いありません。 さいとう整形外科リウマチ科 院長 斎藤 究 先生

  • 日本整形外科学会専門医Dr.Saito
  • 日本リウマチ学会専門医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本リハビリテーション学会会員
  • 日本内科学会会員                  詳細はこちら

腰痛,関節痛,神経痛,コリなどでお困りの方へ

□あなたの身体を評価し、あなたの痛みやしびれを理解し、その改善方法を工夫しパーソナルケアを提供します。ですから「あきらめないでください。」これが、わたしのファーストメッセージです。

□ファイザーが8924人の人に対してインターネット調査した報告では、「痛みがあっても我慢すべき」と回答した方が67%、「痛みの完治を諦めている」との回答は69%にもなったということです。

□それは耐え忍ぶ、日本人の誇る文化のためでしょうか?それとも痛みに対して、効果的な処方がされてこなかったのでしょうか?

□レントゲンやMRIなどの画像診断だけでは、痛みを理解することができません。日本は欧米よりも20年、痛み医学や治療環境が遅れているといわれています。

□近年ファシアという組織を痛みやしびれ、こりなどの症状を引き起こす重要な組織だと注目されており、当方でも評価や施術を行っています

□このファシアは2019年に国際疾病分類で20年ぶりに新たな体の組織と認定された組織であり、これまで医療者が学ぶ解剖学の書籍でも扱われてこなかった組織です。

□ですからいろいろな院へ行かれている方も、経過観察の方も、もしかしたらファシアに注目してみると、長年あきらめていた症状が一歩もニ歩も前に進むかもしれません。

□当店は保険外ですが、十分な時間と手間をかけて、痛む場所やその原因を評価することができます。

□メールやLINEでのご相談は無料です。ぜひ一度当店にご相談いただきたいと思っています。

友だち追加 

 

□あなたが神経や筋肉、関節など運動器の診断を投薬や手術などを受けているにも関わらず痛みやしびれに悩まされているなら、ファシアという新しく認識され始めた組織に着目して身体評価などをしていくとターニングポイントになるかもしれません。

□ファシアはすべての臓器、筋、神経、血管リンパまでをも包み込む重要な固有の結合組織ですが、何十年も軽視されてきたため整形外科学のシンデレラとも言われています。解剖学の書籍のほとんどはファシアがきれいに取り除かれて載っているほど重要視されてきませんでした。つまりどれほど重要な組織か近年まで着目もされてこなかったようです。

ファシアの機能不全がおこる要因

筋肉やそれを取り巻く結合組織(ファシア)は以下のようなことにより弾力性を失いよじれたり癒着を起こします。(※癒着にはメスが必要な癒着をグレード5として、5段階のグレードが提唱されています※引用元:THE整形内科 南山堂 P46-47 2016年6月 第一版)

  • 反復動作による微細損傷
  • 持続姿勢による血行不良
  • 機能的栄養失調による糖化ストレス

すると筋膜の豊富な感覚受容器(自由神経終末:痛みのセンサー、機械受容器:位置や動きのセンサー)は過敏になり、ファシア異常によるトリガーポイントとなって持続する慢性痛に関与してきます。古くはトリガーポイントは筋肉のコリに発生すると信じられてきましたが、最近では筋肉のコリは必ずしも伴っていない場合もあることが知られています。

ファシアに存在する痛みセンサーからの痛み刺激は、脊髄などで増強されるようになり、やがて相当激しいものになり、症状の範囲が広範囲に発生し、時間経過とともに部位が変化します。筋力低下や感覚鈍麻は軽度の場合が多いのが特徴です。そして中枢神経系(側坐核、前頭前野、前帯状回、島など)にも機能的変化を生じさせ慢性化、複雑化していきます。その場合、多くは抑うつや運動恐怖、不安、過度の安静などの痛み関連症状を伴っています。

友だち追加 

□日本ではまだファシアの知識と技術を持っている医療者は多いとは言えません。ファシアを中心に研究しているのが私も所属する一般社団法人日本整形内科学研究会です。

□また当研究会理事でもある畿央大学理学療法学科教授の今北先生は、2018年にベルリンで行われたFRC(ファシアの国際学会)でファシアの基礎医学分野の研究で優秀な賞を受賞されています。

下図が筋膜、ファシアです 引用元:http://www.kimura-painclinic.com/pain-mps.html

ファシア

エコーガイド下徒手療法(筋皮神経周囲ファシアリリース)の映像

私が行っている軟部組織の徒手療法をエコーで撮影したものです。

3次元的に正確に体をとらえる技術により、細かく触り分けているのが伝わりますでしょうか?

この技術を応用してリリース(リラクゼーション、緩める)を実施します。

軟部組織のコンディショニングとして安全で心地よい刺激を心がけています。

 

頚椎症や膝関節症って実際どういう意味?

□診断は医師のみに許された行為で治療も同様です。私が行うのは痛みや姿勢運動にかかわる身体機能不全の評価です。

□診断の定義は【解剖×病態×原因】の3つすべて説明できれば疾患として成立されます。それが成立しないときには、●●症とか○○症候群という名称になります。

□変形性膝関節症は膝関節が変形している状態であるという症状名で、変形と痛みとの因果関係は不明とされています。

□ですから変形性膝関節症と言われたから「私は軟骨の摩耗により痛いんだ」と決めつけないこと、関節内ではなく関節外の軟部組織にあるファシアペインの可能性もあります。「椎間板ヘルニアや狭窄症」も同じで、絶望しないことが重要です。

□ひざ内側の痛みが周辺の神経周囲ファシア(伏在神経)機能不全や筋腱周囲ファシア異常が原因だということも良く経験します。

□ただし運動器の痛みはすべてファシアが原因だということではなく、これまでの整形外科的な運動器疼痛治療ガイドラインは重要です。補完した立場でファシアの評価を行っていく必要があります。

□特に病気がないとか、経過観察しましょうと説明されるようなケースにおいては、いわゆる未病の状態や予防医学の視点から、ファシアや身体機能を高めることに着目して、専門的な知識や技術を活かし、教育的アプローチや予防、コンディショニング施術などでお役に立てると考えています。

□また触診可能な末梢組織だけでなく、疼痛関連の異常な思考である「破局化思考」や「運動恐怖」、「不安抑うつ」「睡眠障害」などの脳の機能不全(神経可塑性)が影響していることも最近の研究でわかってきています。思考のコツ、睡眠習慣などに対して総合的に多角的なアプローチが重要です

□セルフケアの重要性に気づくことが重要です。Wilipedia では次のように記載されています。「病むという事は、身体的、精神的、社会的生活のどこかが不健康であるというサインである。人はこのサインを受け止め、日常生活を修正し、病因について管理・治療を受ければ、多くの病気は早期に消失し、今まで以上に健康な日常生活を手に入れることができる。すなわち病むという体験は、これまでの身体的、精神的、社会的生活を振り返り、己の生き方、価値観、時間の使い方などを振り返って見直す機会である。病むことは、これまでと違った新しい人生を手に入れ、自己成長を得る切っ掛けとなるのである。」

参考:吉松和哉; 小泉典章; 川野雅資 『精神看護学I』(6版) ヌーヴェルヒロカワ、2010年、71頁。ISBN 978-4-86174-064-0

□体に触れる技術(触察技術)は、触られている方に客観的な情報と主観的な情報を提供します。痛いなーとか気持ちいいとか。そのほか、制限された可動域や低下した筋力が明らかになり、生活習慣や既往歴などとの因果関係を見つけなおす、お手伝いができれば幸いです。

是非、コリや腰痛、関節痛などのサインを分析し、身体的、精神的、社会的生活を振り返り、見直し、新しい人生と自己成長のきっかけにしていきたいと思います。これこそが、私のリハビリテーション論(概念)であります

□よって保険外+リハビリなのです。

 

ちなみに日本整形内科学研究会(旧MPS研究会(日本筋膜性疼痛研究会)では以下の診断名での治療が長引いたり経過観察の場合にはファシア異常の可能性も否定できないと紹介されています。

顎関節症   五十肩   緊張型頭痛   テニス肘  椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症   椎間板症   腰椎すべり症   変形性膝関節症
変形性股関節症   頸肩腕症候群   腱鞘炎   半月板障害 
非回転性めまい   耳鳴り

 

友だち追加

 


関連ページ

腰痛,ぎっくり腰,筋筋膜性腰痛,脊柱管狭窄症
仙腸関節性腰痛
股関節痛、鼡径部痛
膝関節痛,膝内側の痛み,膝前方の痛み
肩が痛い,五十肩
肩こり
手関節の痛み,腱鞘炎の痛み
肘内側の痛み,肘外側の痛み

お問合せ・ご相談はこちら

お問い合わせお気軽にお問合せください。
お問合せはフォームかお電話でおまちしています。
電話0749-65-7349
受付時間:9:00~13:00  15:00 -19:00
(土:9:00-15:00     日祝日は休業)

お問い合わせフォーム