滋賀県,長浜市,米原市,彦根市,敦賀市,リハビリ,整体,ボディケア,パーソナルトレーニング,肩こり,頭痛,腰痛,関節痛,股関節痛,産後ケア,インソール,インボディー,ファシアリリース,筋膜リリース,ファシア,筋膜,トリガーポイント

神経筋関節の評価と施術×運動療法┃肩こり,腰痛,ひざ痛,神経痛,滋賀県長浜市 フィジオ
神経筋関節の評価と施術×運動療法┃肩こり,腰痛,ひざ痛,神経痛,滋賀県長浜市 フィジオ

腹直筋離開のトレーニング:滋賀県長浜市 PHYSIO - ブログ

腹直筋離開のトレーニング:滋賀県長浜市 PHYSIO - ブログ

 滋賀県長浜市 リハビリ&トレーニングのPHYSIOです。腹筋の真ん中には、縦に一本の線が入っているのは皆さんご存知だと思います。そう、シックスパックと言われる腹筋の縦のラインです。

 腹筋をバキバキにしないとシックスパックにならないと思われている方は少なくないのですが、実は誰にでも存在します。

 誰にでも存在する腹筋の横のラインを腱画(けんかく)、縦のラインを白線(白線)と言います。うちの年中さんになる子にもしっかりありますよ。

腹直筋離開とは?

 その白線の結合組織が緩くなったり断裂したりすることを、腹直筋離開と言います。

 正常な幅は、文献によっても違います。未経産婦150人を調べた研究では、みぞおちにある剣状突起近くで7ミリ±5ミリ、へそ上で13ミリ±7ミリ、へそ下8±6ミリとされています。

 また、へそ上3㎝で22ミリまで、へそ下2センチまで16ミリまでが正常とされています。

 さらに、別の研究では、へそと剣状突起の中間で10ミリー22ミリ、へそ直情で27ミリ、へそと恥骨の中点で9ー16ミリとなっています。

このような基準を超える白線の離開のことを、腹直筋離開といいます。

腹直筋離開の治療って?

腹直筋離開に対する研究は世界的にも少なく、確率した治療法はないようです。外科手術の判断や、その方法も、様々のようです。

白線の結合組織が断裂していなければ、腹筋や骨盤底筋に関する緊張バランスを整えることで改善することも少なくありません。

100%治るようなことを記載している整体院を見たことがありますが、家事や育児の負担も人それぞれ(家庭それぞれ)で、身体ももちろん人それぞれで、運動センスも人それぞれで、1回や2回の対応でどこまで改善していくかは、やってみないとわかりません。

世界的な第一人者の書籍に乗っている症例でも、同じような腹直筋離開で良くなったというケースと、良くならなかったケースが記載されていたくらいです。

一般的に、「良くなる。」という単語の意味も、人それぞれ。産前に戻るか?力が入るようになるか?尿漏れが改善するか?痩せるか?など、良くなるにもいろんな意味があるようです。

フィジオでは何をする?

 当店では、健康を取り戻すという観点から、産後の方の腹直筋離開に対して、筋膜リリースや腹筋や骨盤底筋のトレーニングをサポートします。エコーを使うことで、腹筋や骨盤底筋の使い方をトレーニングすると、腹直筋離開が改善していく場合があります。

 腹直筋離開の方には、へそや腸のヘルニアを起こしていて、もし嵌頓して血流が悪くなれば、とても危険な状態になる方もいるはずですので、婦人科やヘルニア外来などに相談して、リスクのあるなしを把握されることをおススメします。


合同会社PROWELL労働世代の健康増進を健康経営の視点からサポートする合同会社PROWELL(プロウェル)です。健康課題と労働損失額の数値化、インボディ測定による健康度の見える化、健康機器の斡旋、腰痛予防、肩こり予防、健康教室、健康経営サポートを行っています

滋賀医科大学 ペインクリニック科

フィジオ代表が、非常勤講師として勤務。痛みリハビリ専門外来を担当しています。学際的痛み治療センターを併設しています。慢性痛が生活を脅かすようになったら、西洋・漢方・身体・心理などの総合的な診療の受けられる専門機関への相談をお勧めします。

フィジオ公式facebookページ

フィジオの公式フェイスブックページです。ブログなどを転載しています。

フィジオのオンライン健康相談では、コロナ禍で遠方から来店できない方、近くても自宅から出るのが不安な方、忙しくて来店できない方などに、肩こりや腰痛などに対する健康相談を行っています。対処法や運動方法なども助言しますので、不定愁訴の改善が期待できます。

チャットで栄養相談 みんなのダイエットというサービスを開発しました。管理栄養士の先生方がチャット(LINEやMessenger)で、ダイエット、生活習慣病予防、リハビリ効果アップ、食育などの食事や栄養に関する相談に応えます。ネットや書籍で一般的な情報を得るよりも、あなたの身体や生活スタイルにあった助言により、心身の変化が期待できます。

肩こり腰痛に対処するチカラを磨く道場を開発しました。腰痛予防教室や、肩こり予防教室として、スライドを使った座学を10分、運動指導30分といったプログラムを8回実施します。なぜ?どうすればよい?ということが理解できると、不定愁訴に対処するチカラの向上が期待できます。

ファシアFasciaの研究・臨床・教育などを行う医学学会です。医師・鍼灸師・理学療法士などが在籍しています。2022年現在も理事を務めています。


お問合せ・ご相談はこちら

お問い合わせお気軽にお問合せください。
お問合せはフォームかお電話でおまちしています。
電話0749-65-7349
受付時間:9:00~13:00  15:00 -19:00
(土:9:00-15:00     日祝日は休業)
※時間外対応は要相談

お問い合わせフォーム

 


プライバシーポリシー