筋膜,トリガーポイント,寝違え,肩こり,五十肩,腰痛,膝痛,坐骨神経痛,整体,インソール,加圧トレーニング,滋賀県長浜市

神経筋関節の評価と施術×運動療法┃肩こり,腰痛,ひざ痛,神経痛,滋賀県長浜市 フィジオ
神経筋関節の評価と施術×運動療法┃肩こり,腰痛,ひざ痛,神経痛,滋賀県長浜市 フィジオ

ブログ

身体の痛みにも医療が苦手な機能的な問題が関与していることが少なくはありません。

また可動域や筋力、動き方などの機能的な問題にくわえて、炎症や代謝障害などを起こしていることももちろん少なくありません。

そういったときに、薬や注射のできるドクターとの連携はとても大きな力になります。

1+1=2ではなく、10にも20にもなるのではないでしょうか。

 

もし主治医がおられたら、私から情報提供を行い、連携して病院で治療していただけるようにお手伝いします。

主治医に言わずに来られている方もいますが、できればオープンにしたほうがプラスは大きいと思います。

当店で対応したお客様が声を揃えておっしゃること、

痛い場所だけでなく、何が起こっているのか、なんで痛んだのかまで

理解をススメてくれるので安心感が違うといいます。

 

言語情報は痛みを抑制することが報告されていますし、

適切な関係づくりができたうえで、病態などの正確な情報を共有することは

ドーパミン作動系という鎮痛メカニズムに関与する側坐核を賦活することが報告されています。

 

当店の特色として、ファシア(マイオファシア:筋膜)、関節運動、運動療法、痛みの神経メカニズム、など病態に合わせてパーソナル対応させていただきます。

足腰の痛みが治まれば歩けるのに。。。

歩けるようになりたいのに歩く練習ができない。。。

この痛みさえなかったら。。。そんな思考にさえなる。

 

でもでも、痛いながらもバランス良く痛みを加減しながら歩くこと、

痛いなかでも歩く練習をすること、とても大切です。

 

ノルディックウォークで期待できることを列挙。

・左右の筋バランスを整える、損なわない。一本杖だとバランスをどんどん崩しますが、ノルディックは正常歩行の練習になります。

・通常の歩行に比べ、足腰への負担をへらすだけでなく、用いる筋群は全体の9割と非常に多くの筋肉を動員します。有酸素的運動としておすすめです。全身運動は痛みを軽減する効果もあります。

・筋力、持久力、バランスを向上できます。

・肩こり解消にもとっても効果的です。

 

痛み=安静

これは世界の治療の非常識。ぜったい良くなりません。

痛い=疼痛管理×活動性維持×社会参加維持、、そのためにノルディックポールを使いましょう。

 

適切な長さやあるき方の指導を受けましょう。

フィジオにもご相談ください。

フィジオではノルディックウォークをススメています。

 

まず通常のウォーキングと違い、90%の筋肉を動かす全身運動で、一時間あたりの消費カロリーも、フィットネススタイルでやれば400キロカロリーにも達します。通常のウォーキングは280キロカロリーです。

 

下半身への負担を軽減し、上半身をしっかり使います。肩こり予防にも効果的ですし、膝や腰に不安がある方におすすめです。

身体をしっかり動かしながら(ねじりながら)歩けるノルディックウォークは、デスクワークで固くなった全身をほぐし疲れを撮ってくれます。より良い睡眠も導くことでしょう。

また正常歩行パターンを促すことで、ポールを使っていないときにも歩きやすくなります。

そんなノルディックウォークにご興味ある方、ご相談くださいね。

ノルディックウォークは、クロスカントリースキーの選手たちがトレーニングとして用いていた方法を、手軽にできる全身運動として進化したものです。ヨーロッパを中心に人気が高まり、現在、日本国内でも広まってきています。

当店フィジオでも、6年前からハマってしまい、3年前に指導員資格を取得しています。

フィットネスを高めるために、ダイエットもよく

足腰が悪い、運動したいけど時間がないという方にもおすすめしています。

五十肩、四十肩、肩関節周囲炎、、、、

これらよく聞きますが、

お腹が痛い、腹痛、下痢、、、などと同じで

原因を表している診断名ではありません。

五十肩の中にも、筋肉の怪我や炎症、癒着や硬化などさまざまな要因により

実はより細かな診断がされます。

しかし肩の専門医というのは多くないらしく、

投薬などの保存療法に特に差がないのか、肩関節周囲炎などと言われます。

理学療法的には、問題を起こしている軟部組織をなるべく細かく評価して、

問題に対して最適な方法を選択して運動療法などを実施します。

当店でも、細かくサワって痛みを出している組織を同定し、

最適な方法で改善していくようにサポートさせていただきます。

ぜひご相談ください。

慢性の痛み、3ヶ月以上経過する痛みを慢性痛と定義します。

急性痛が警告信号の意味をもっており、通常は警告信号が不要になると

ドーパミンが放出されオピオイドがでる鎮痛系という神経機序が働きます。

 

しかし慢性痛になるとこういった鎮痛系がうまく働かなくなったり、

不快な気持ちやストレスと関連して痛みが強くなることがあります。

また脊髄レベルでも痛みを感じやすくなることがあります。

 

これらには意欲的にセルフケアに取り組むことや認知行動療法、ACT(アクト)、マインドフルネス、痛み日記などが有効だと言われています。

 

滋賀県には滋賀医大附属病院に痛みセンターがあり、そのような心理療法や運動療法を受けることができる機関があります。

家庭画報でも特集されました

 

臨床症状は、腰痛、間欠性跛行、しびれ、筋萎縮。

両側性が多い。SLRなどの神経伸張テストは陰性。

 

脊柱菅狭窄症を思わせる症状と所見のエビデンス

65才以上、座位で消失、両側の非根生疼痛、トレッドミルで5分以下が中等度関連。

300メートル以下しかあるけないは、弱い関連。

 

Kentらの報告:CT、MRIの所見と脊髄造影所見、および臨床結果との相関の研究によると、臨床結果を予見するものではない。つまり狭窄度あいと症状は影響しない。

40才以上の無症状の人の30-40%に、狭窄所見があったという報告もある。

脊柱管狭窄症は、自転車にのれ、屈むと改善するが、

動脈閉塞性の間欠性はこうは、立ち止まるだけで症状が改善する。

血管性関節性はこうの確定診断は、ABPIといって上腕と脚で最高血圧をはかり、其の比率が、0・9以下の場合に診断されるので、病院に行ってみましょう。足/上腕

メモかねて。。

Closeup low angle view of an early 60’s senior gentleman having some back pain. He’s at doctor’s office having medical examination by a male doctor. The doctor is trying to make the patient reach his toes with finger tips while sitting.

腰痛に脚の痛みを伴うとき、

Maigne R:Pain of vertebral Origin,Williams &Sikins,Baltimore,1996

によると

彼らの研究によるデルマトームでは、腰痛に下部腰椎神経根からの痛みが生じることはなく、臀部や腸骨は、胸腰移行部からの神経根が支配していると報告している。

また神経根性疼痛の部位について

それまでのルートペインのデルマトームに沿った痛み範囲ではなく、

より原曲していると報告した。

例えば、L5のルートペインは下肢外側から母指にかけてではなく、下腿外側の部位に限定される。

臀部に生じたルートペインは、胸腰移行部由来であるということ。

 

逆に局在の乏しい下肢痛は、関連痛の可能性がある。

 

ラセーグやSLRテストは椎間板ヘルニアの根拠として有名だが、これが陽性でも根症状があるとは言えない。

エビデンスから確認されているのは、Cross SLRとSLR60度以下での下肢痛である。

臨床症状では、強い夜間の下肢放散痛、夜間激痛、強い運動障害、フラットバック、側弯、下肢痛>腰痛。

神経学的所見は、弱い関連性しかない。。。ということ。

 

これらのエビデンス(科学的)から、レントゲン所見やMRI所見だけで、

椎間板ヘルニアですね!

とレッテルをはられても、困っている症状の源は、関係ないところからの関連痛の可能性が高い。

一般社団法人 日本整形内科学研究会
滋賀医大 ペインクリニック科

カテゴリ

  • カテゴリーなし
お問合せ・ご予約

≪終日完全予約制です≫

お問い合わせ

お電話でのお問合せ

電話0749-65-7349

受付時間:月~金
9:00~13:00
15:00~19:00

土曜日
9:00~15:00

※対応中、お電話に出られない場合には、おかけ直しいたしますのでご了承ください。

カレンダー

Calendar Loading