肩こり,頭痛,腰痛,関節痛,股関節痛,ファシア,トリガーポイント,MPS,整体,理学療法士,トレーナー,リハビリ,産後ケア,インソール,滋賀県,長浜市,米原市,彦根市,敦賀市

神経筋関節の評価と施術×運動療法┃肩こり,腰痛,ひざ痛,神経痛,滋賀県長浜市 フィジオ
神経筋関節の評価と施術×運動療法┃肩こり,腰痛,ひざ痛,神経痛,滋賀県長浜市 フィジオ

ウォーキングダイエット - 未分類

ウォーキングダイエット - 未分類

誰でも始めやすい運動といえば「ウォーキング」です。

では、ウォーキングをダイエットに取り入れるコツはなんでしょうか。があります。

ウォーキングダイエットはフォームが重要

散歩とは異なり、きちんと運動として、歩くのであれば、

エネルギーを消費する体の使い方が必要です。

そのポイントは2つあり、

・早歩

・大股

この2つです。

普通に歩くよりも早歩きの方がカロリーを消費しやすいのです。

また、歩行速度のメリハリも重要です。
3分間ほど最大速度で歩き、5分間流して歩く。
こうすることで心肺機能に負荷をかけ、除脂肪に効果的な運動に変わります。


また、大股で股関節を意識して歩くことも重要です。

座ることの多い生活で、股関節の周りの筋肉は活性度が低下しています。

歩いている時も多少は動かしていますが、意識をしないと膝下だけの小さな運動になってしまいます。

歩幅を大きくし、しっかり股関節を前後に動かすことを意識するだけで、運動としての意味が大きくなります。

また、ノルディックウォーキングというスキーのストックのようなものを使ったウォーキングは、効率的に大股で歩け、さらに体幹や二の腕の活動量が増加するなど、ウォーキングダイエットにおススメ。消費カロリーは20~30%アップすると言われているんです。

運動としてよりも、日常「歩く」ことを意識しましょう。

田舎暮らしは、ドアからドア。生活の中で歩く意識をしないと、30分ウォーキングをしても、3000歩~4000歩。生活の中での歩行とトータルしても6000ー7000歩行けばよいほうです。

歩く習慣を身に着けるため、気負わず継続することを目標にしてみましょう。


合同会社PROWELL

滋賀医科大学 ペインクリニック科
フィジオ公式facebookページ


お問合せ・ご相談はこちら

お問い合わせお気軽にお問合せください。
お問合せはフォームかお電話でおまちしています。
電話0749-65-7349
受付時間:9:00~13:00  15:00 -19:00
(土:9:00-15:00     日祝日は休業)
※時間外対応は要相談

お問い合わせフォーム

 


プライバシーポリシー