滋賀県,長浜市,米原市,彦根市,敦賀市,肩こり,腰痛,股関節痛,ひざ関節痛,坐骨神経痛,ファシアリリース,AKA,トリガーポイント,整体,パーソナルケア,保険外リハビリ,インソール,加圧トレーニング

神経筋関節の評価と施術×運動療法┃肩こり,腰痛,ひざ痛,神経痛,滋賀県長浜市 フィジオ
神経筋関節の評価と施術×運動療法┃肩こり,腰痛,ひざ痛,神経痛,滋賀県長浜市 フィジオ

ブログ

※参考URL:https://mitsuraku.jp/kiji/how-many-after-pelvis-correctionからいかに、

65店の整体に対する調査結果が掲載されていました。

 

よく、産後の骨盤矯正はどのくらい通う必要があるのかを問い合わせを受けます。

ネットに情報がのっていたので、世間一般的な目安になるとおもい、コピーしました。

□フィジオでも同様の期間、回数で終える人が多いです。

□一般的な骨盤矯正はこのサイトにあるように力でグイっと押したりするようですが、フィジオではグイっと押すようなことはしたことがありません。

□それでも、一回一回、来てくれた方が笑顔になるような変化は感じてもらえています。

□お問合せお待ちしています。

 

 目安の回数は7回!2ヶ月~3ヶ月かけて骨盤の位置を固定させる

結論からいうと、2ヶ月~3ヶ月で計7回、がひとつの目安です。

最初の3、4回は数日~1週間に1回のペースで施術をおこないます。骨盤が正常な状態に戻ったら、次は2週間後、その次は1ヶ月後と、徐々に間隔を空けて骨盤の位置がズレないよう調整し直す、という流れです。

なお、妊娠7週目を迎えたあたりから体が「リラキシン」というホルモンを分泌し、その作用により骨盤が緩みます。出産後にはリラキシンの分泌がストップされるため、産後6ヶ月ほどで骨盤の緩みがなくなり、徐々に骨盤が固定されていきます。

上記を踏まえると、体調が安定した産後2ヶ月から骨盤が固まりはじめる産後6ヶ月の間に通院するのがいいでしょう。

 ※回数、期間には個人差があります。年齢や生活習慣、出産人数、産後からの経過日数などにより、施術の効果が異なるからです。

 2-2.1ヶ月検診で問題がなければ、最短で産後1ヶ月からケアが可能

では、いつから施術可能なのでしょう?

実は、1ヶ月検診時に医師から子宮の状態が良好だと認められたら、最短で産後1ヶ月から施術を受けられるとされています。

しかし、実際は後陣痛などが治まり体調が安定してきた、産後2ヶ月頃から整体院に通い始める方が多いようです。 

 2-3.1回の施術は5,000円~7,000円。7回だと35,000円~49,000円になる

1回の料金は、60分(施術+カウンセリング)で5,000円~7,000円が目安です。

7回通うとしたら、35,000円~49,000円が総額になります。

ちなみに、施術を「60分」と時間制にせず、あくまで「1回で○○円」としている整体院も多くあります。

また、上記はあくまで通常価格の目安です。HPもしくはネット予約専用サイトで割引キャンペーンをおこなっている整体院もあるので、これより安く通うことも可能です。「ここに通いたい」と思える整体院を見つけたら、お得になる回数券などがないかチェックしてみましょう。

 

 

背骨を通るスペースが靭帯の肥厚や骨の変形に伴う神経圧迫や血流障害(静脈叢の障害)などによって生じる間歇性跛行(500mも続けてあるけない)ときに、脊柱管狭窄症だと診断されます。

 

解剖×病態×原因=診断ですので

脊柱管狭窄症というのは脊柱管×病態?×原因?で、脊柱管が何らかの原因で狭窄した状態を指します。

特徴的な間歇性跛行がない場合には、別の痛みの原因も検討すると良いかもしれません。

 

脊柱管狭窄症だからと、簡単に脊柱管を大きくする手術を選択するのは注意が必要です。

間歇性跛行があるか、その他、明確にある部位の脊柱管狭窄が原因と判断できているかは重要だと思います。

 

しかし臨床において、側弯症や圧迫骨折などの既往がある方であまりにもエックス線検査やMRIなどで変形が顕著だと

その他の部分が発痛源になっていることが見過ごされている方も散見されます。

 

変形や狭窄などの構造異常はけっして良いことではないので、

予防や治療をすることに大きな意味がありますが、

今困っている痛みが別のことから来ている場合には

そっちに今すぐ対応することが重要だと思います。

 

先日も、すべり症、狭窄症とされた中年の方が、

薬も十分効かないと相談がありました。

 

すべり症や狭窄症の治療は私にはできませんが

その他の部分について評価すると

殿筋のあたりが触ると下肢痛を誘発することに気が付きました。

 

そして臀部をリリースしていくと

ずいぶんと脚が軽くなったといわれ、

セルフケアとして自動運動などをアドバイスしました。

 

構造と機能はどちらも大切。

機能の面に関しては、コンディショニングとかパーソナルケア、

トレーニングなどで不全な状態を変化させるという視点も重要ですね。

 

誰でもどこでも専門医に見てもらえるわけではありません。

服薬や電気治療に加えて、

身体の機能を本来の状態に近づけることで

健康状態も改善し、薬の効き目も高まるかもしれません。

機能が高まることで、痛みという結果を変えられるかもしれません。

 

動くべき部位がしっかり動き

安定するべき部位がしっかり安定しているか

柔軟性は適当か、筋パフォーマンスは適当か、

そんな視点を、脊柱管狭窄症と言われた方にも持ってもらえると

今より前に進むのではないでしょうか。

 

お気軽にお問合せください。

LINE@ID:  @940uhywz

mail:  infoアットphysio-japan.com

 

 

 

姿勢矯正や骨盤矯正に関心がある人は、

姿勢が悪いとか、骨盤が歪んでいるとか

目に見えて体のことに悩んでいる方が多いと思います。

 

でも、私は矯正という言葉の意味を考えると、

姿勢矯正も骨盤矯正もコルセットや装具、手術以外に

適切な言葉ではないなと思ってしまいます。

 

矯正の意味は、

正しくない状態に対して、

力を加えることで正しい状態にすること

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

正しくない状態の姿勢を外力を使って正しい状態にできるのか?

 

人間は写真のような人形ではありません。

力を使って一時的に曲がったり歪んだりしたところを

矯正することで、本当に正しい状態になるのでしょうか?

 

脳が筋肉を動かしていて、

筋肉が関節を動かしていて、

靭帯が関節を保護していて。

 

本来の姿勢を正すということは

まず姿勢が悪いことに気づき

自らの修正するために

それを正す方法を知り

それを正す機会を逃さず

それを継続して実行し

そして無意識のうちにも

よりよい姿勢でいられること

よりよい骨盤の対称性や機能を維持できること

脚がすらっと健康的に伸びていること

ができている状態です。

 

運動パフォーマンスの改善なくして

骨格矯正、姿勢矯正、骨盤矯正というのは

なんとも非効率的に思えてなりません。

 

最後は綺麗に動けるようにならないと

綺麗な姿勢は維持できません。

 

生活習慣の悪い癖があれば

子供にしつけるのに長い時間がかかるように

正しい姿勢をその都度教えてあげる必要があります。

その都度、気づき、自ら修正できるようになる必要があります。

 

最後は指摘されなくても

凛とした姿勢を保てるような

意識や身体の強さ、心の強さも必要です。

 

マッサージや骨格矯正のみで

姿勢を良くしようとか

骨盤の歪みを正そうというのは

その場限りとなり、

その場限りの繰り返しでは

非効率な印象を持っています。

加圧トレーニング×ファンクショナルトレーニング

もし今、あなたがそう言った矯正に通われているのなら

運動をしたほうがいいと思います。

 

一時的にでも良くなった姿勢で

一時的でも運動することで

脳にもそのような刺激がいくハズです。

 

フィジオでは

運動療法も取り入れながら

より良い姿勢や

骨盤の対称性、機能性を高めること

O脚などを改善することを目指しています。

 

どうぞお気軽にお問合せください。

あなたの健康生活の

お役に立てるはずです。

お気軽にお問合せください。

LINE@ID:  @940uhywz

mail:  infoアットphysio-japan.com

 

 

 

 

妊娠、出産おめでとうございます。

この数か月から一年であなたの身体は

生まれてから最も大きな変化を短期間に経験していますね。

妊娠期におこっている変化を超音波エコーでみると、腹筋の厚みが減少するという変化が見られます。

妊婦6名の妊娠5か月以降の筋肉の厚みを測定した報告では、腹直筋という筋肉が薄くなっていることが明らかになりました。

なんと妊娠10か月の時点では、非妊娠女性と比べて約半分の厚みにまで薄くなっていることがわかりました。

また腹横筋(深部筋)と外腹斜筋、内腹斜筋(脇腹の筋)を比べると、特に内腹斜筋が薄くなっていました。

腹横筋も薄くなっていると思っていましたが、意外な結果です。

 

そして産後には、1か月もすると腹直筋の厚みが回復することもわかりました。

また腹筋を収縮させるトレーニング中に、腹直筋の収縮する能力も回復していました。

同様に、腹横筋、腹斜筋(内、外)の収縮能力をみていくと、腹斜筋群が産後1か月経過してから収縮能力が回復してくるのに対して、腹横筋については産後6か月たっても収縮能力が回復していないことが示唆されています。

 

 

まとめますと、

□妊娠によって、腹直筋が薄くなります。これは産後1か月で回復する例が多いようです。

□妊娠によって、側腹筋群の特に、内腹斜筋が薄くなります。これは産後1か月で回復することが多いようです。

□妊娠によって、腹横筋の厚みに変化は少ないですが、収縮する能力がなかなか回復しないことが示唆されています。

 

歪んだ骨盤に悩み、力で矯正するような施術を受ける方も多いようです。

しかし骨が勝手に動くわけでなく、力源となるのは筋肉の張力バランスです。

 

腹筋群には腹圧を高めて、脊柱や骨盤を安定させる機能があり、また腹横筋には内臓を支える機能もあります。

ということで、妊娠中から産後にかけては、腹横筋や骨盤底筋のトレーニング、再教育を踏まえて、骨盤をフォローしていくことが

真の産後ケア、骨盤矯正といってもよいと私は考えています。

 

お気軽にお問合せくださいね。

友だち追加

LINE@ID:  @940uhywz

mail:  infoアットphysio-japan.com

 

 

 

腰痛、ぎっくり腰、脊柱管狭窄症、変形性腰椎症?

こんなお悩みありませんか?

□何度もぎっくり腰になってしまう

□慢性的な腰痛に悩まされている

□坐骨神経痛と言われているがなかなか良くならない

□脊柱管狭窄症と言われていて、30分ほど歩くと足がしびれてくる

□職業病なのか、腰が常に痛い

□椎間板ヘルニアと言われているが、なかなか良くならない

もう大丈夫。お役に立てるかもしれません。

□腰が痛いというのは何らかの姿勢や動作の負担が蓄積した「結果」です。

□病院の治療対象となるのはこの「結果」であることが多いです。

□変形したというのも「結果」ですし、狭窄症でさえその部位を狭窄させるような股関節や胸郭などの機能異常がもたらしていることもあります。

□もちろん結果的であれ、変形や変性などの構造的な問題が重症であれば外科的な解決策が必要です。(特に排尿や排便に変化があればすぐに病院に行ってください!)□一方で特に痛み止めやマッサージしか対処方法がないというような状況に置かれているのならば、人間の身体には構造以外に重要な要素があることを知ってください。

□それは機能(身体機能)です。構造も機能も重要です。構造をしっかりさせて補うのか、機能を高めて補うのか、さまざまな選択があるのです。

□投薬も注射も、マッサージも電気治療も、同様に結果生じている「痛み」を治療しています。

□A+B=結果、だとイメージしてみてください。

□A+Bにはさまざまな数字が入り、結果でてくる答えもおのずと変わります。

□私は、こういった公式をストーリーと呼んでいます。

□なぜ痛んでいるのか、どうすれば変形の進行を少しでも予防できるのか、その答えを考える必要があります。

□そして私は「痛みや可動域制限などの結果」につながっている「身体機能(可動域、筋力、持久力、姿勢、呼吸、動きの質など)」を変えることのできる知識や技術を持っています。

□重要なことですが、私はその知識や技術を、あなた自身とシェアすることができます。

□あなたという人生の主人公に関連するストーリ―は、ほかの方には当てはまらないオンリーワンのものです。

□24時間を生きる主人公のあなたと情報を共有し、あなただけのセルフケアや、あなただけに必要な施術を行います。

□これは医療ではありません。風邪を悪化させないように過湿したり、良く寝たりして免疫機能を高めることをケアといいます。身体機能を高めることをコンディショニングと言います。

□局所の炎症や変性、感染、手術の適否などに対しては医師の指示を仰いでください。

□そしてできることなら、腰に負担をかけたり、何度もぎっくり腰になるストーリを明らかにし、必要な施術とセルフケアをあなたに伝えることのできる当店にお越しください。

 

最近続けて股関節の痛みに困っているという方を何人か対応させてもらっています。

股関節の痛みの原因として股関節内と股関節外に分けられます。

股関節内の原因はいわゆる変形や変性、関節唇の損傷、感染、炎症、壊死など病院でしっかり治療してもらう必要があるものなので、コンディショニングではもちろん対応できません。

EPSON MFP image

しかし、股関節外の場合には、さまざまな身体の癖によって生じているものがあり、股関節症と診断され経過観察されているような方であっても、その他の部分から来ていることもあります。

そういった場合には、体を評価してコンディショニングすることで大幅に楽になることがあります。

今回経験した方は、人工関節の手術を数年前にされて日常生活を送られている方、若いころから股関節が時々痛くなり困っているという方、スキーに行ったあとから2週間股関節が痛いという方でした。

 

手術経験のある方は、夜も眠れないし起床時の動きはじめがかなりつらいという方でした。整形外科では人工関節もしっかりしているし問題ないという状態でしたのでフィジオでコンディショニングを実施しました。

この方の場合は、仙骨の位置異常が起因となった股関節や腰の痛みだったようで、数回のコンディショニングののち、ずいぶん楽になっているということでした。

 

つぎの方は、昔から時々股関節が辛くなるという方で、右も左も痛いということでした。

レントゲンなどをとったことがないということなので病院でみてもらうように電話で勧めました。

大きな病気も見つかりませんでしたが、少し臼蓋形成不全と変形があるということで、年に一回経過観察となられたそうなので、フィジオでコンディショニングを行いました。

この方の場合は、恥骨のずれと骨盤のねじれに起因した痛みだったようで、股関節の変形による痛みではなく、機能的な問題によって生じた痛みだったようです。

しかし構造も機能もどちらも重要ですので、変形に対する経過観察は病院でしっかりやってもらってくださいねと伝えました。

 

次の方は、スキーのあとから2週間続く股関節の痛みで、2週間変わらないということでした。

骨盤の歪みも気にされていて、体のコンディショニングを実施しました。

右の骨盤が開いており、小殿筋のコンディショニングを実施しました。

小殿筋が機能を取り戻すと、骨盤の歪みも戻り、痛みも違和感もなくなりました。

明日もスキーに行けますね。

 

医療にしかできないことがたくさんありますが、

保険外のリハビリにしかできない機能へのアプローチも少なからずあります。

 

ご相談はお気軽にこちらまで。

infoあっとphysio-japan.com

LINE@ : @940uhywz

EPSON MFP image

足の甲のしびれが何年も取れないというお客様。

主訴が腰痛だったので評価をして、仙腸関節性の障害があると判断し、

徒手療法や運動、皮膚刺激ツールなどを使い、腰痛はずいぶんよくなりましたが、

どうしても足のしびれだけはなくなりません。

坐骨神経伸長テストは反応ありませんでした。

 

エコーで膝裏から足の甲へ走行する末梢神経を描出しながら評価していくと

浅腓骨神経ー内側足背神経に障害があるのがわかりました。

エコーガイド下マニュピレーションを実施すると

親指の感覚や足の甲のしびれがずいぶん緩和し、セルフケアとして皮膚刺激ツールを勧めました。

 

 

ご相談はお気軽にこちらまでどうぞ。

infoアットphysio-japan.com(アット→@)

もしくは

https://lin.ee/iVB8mQu

(LINE@ フィジオ)

先日、関西運動器エコー祭りに参加してきました。

ファシア研究で、まだアクセプトされていない最新研究の報告などを受講し、

また多職種連携についていろいろと学んできました。

午後はエコーの研修会があり、

私もインストラクターとして主に内科系、整形外科系の先生方のテーブルに着きました。

今回は、前腕の神経血管や筋肉、肩関節の神経血管や筋肉などを行いました。

また下腿から足部までの神経血管や筋肉も実習しました。

エコー解剖の所見は共通言語として多職種を結びます。

信頼関係も築けます。

飛躍した解釈による治療や、思い込みによる治療が生じづらくなります。

悪いところの特徴が見えます。

介入した結果が見えます。

回復してきているかが見えます。

 

インストラクターとして今回も夜な夜なエコーに向かい万全の準備をしました。

ほっと一息といったところですが、練習は継続していきたいと思います。

 

 

ファシアを生理食塩水(+少量の薬)を使ってエコーガイド下でリリースする手技を

ファシア+ハイドロ+リリースと言います

とてもよく効くと評判で、へき地医療や整形外科医だけれど手術で治療していない先生からは

これまで薬を出したり、電気治療したりしかできずに、よくならなかった患者さんを

積極的に治療できるぞ!仕事やりがいでてきたなーと、注目されています。

 

 

それに対して、

ファシアを手を使ってエコーガイド下でリリースする方法を

ファシア+マニュピレーションといいます。

理学療法士などが実施しているのがこの方法になります。

 

マッサージとの違いは、ハイドロリリースと同様、エコーでミリ単位で組織を評価し、

筋肉の柔軟性だけでなく、筋や脂肪体、末梢神経、血管などの滑走性などを意識して介入するところです。

 

 

ハイドロリリースは、注射針でピンポイントに薬液を注入しますが、薬液は少量でも3次元に広範囲に広がることが報告されていて、針のように一点に刺激が加わっているのとも違います。とても深い組織や、とても硬く徒手やハリではリリースされない組織にも効果的です。

 

徒手によるものは、注射やハリよりも数ミリ広い指先で触れます。指先で触れながら、エコー画像だけでなく、触れた感覚も評価に利用できる点は優れており、また数ミリから数センチまで幅広く対応できます。侵襲がまずないという点も安全性の面で大きなメリットです。

 

まだまだわからないことも多いファシアですが、明らかに介入の効果があり、臨床と学術レベルの情報アップデートをしっかり行っていきたいと思います。

 

 

 

合同会社PROWELL
一般社団法人 日本整形内科学研究会
滋賀医大 ペインクリニック科

カテゴリ

  • カテゴリーなし
お問合せ・ご予約

≪終日完全予約制です≫

お問い合わせ

お電話でのお問合せ

電話0749-65-7349

受付時間:月~金
9:00~13:00
15:00~19:00

土曜日
9:00~15:00

※対応中、お電話に出られない場合には、おかけ直しいたしますのでご了承ください。

カレンダー

Calendar Loading