肩こり,頭痛,腰痛,関節痛,股関節痛,ファシア,トリガーポイント,MPS,整体,理学療法士,トレーナー,リハビリ,産後ケア,インソール,滋賀県,長浜市,米原市,彦根市,敦賀市

神経筋関節の評価と施術×運動療法┃肩こり,腰痛,ひざ痛,神経痛,滋賀県長浜市 フィジオ
神経筋関節の評価と施術×運動療法┃肩こり,腰痛,ひざ痛,神経痛,滋賀県長浜市 フィジオ

ブログ

仙腸関節が関係する腰痛(仙腸関節性腰痛)

参考文献:診断のつかない腰痛 仙腸関節の痛み 村上栄一著 JCHO仙台病院 腰痛・仙腸関節センター長 南山堂2016.11.305版

長引く腰痛や、繰り返す腰痛の原因に、仙腸関節障害があるかもしれません。

フィジオでは、予防医学の側面と生活の質、人生の質を高めるために、徒手運動療法、運動指導、生活指導などによりそのようなお悩みに対して、お力になりたいと考えています。

消炎鎮痛薬や注射は、結果的に生じた炎症をおさめるために用いられることが多いです。

家に雨漏りがあったとしますと、その漏ってきた部分を綺麗にしているようなものです。

どこから、なぜ雨漏りしてきたのか、家の構造だけでなく、機能を考えることで、薬や注射の効果も高まると考えます。

丁寧に聴き取り、身体機能と構造を評価し、徒手運動療法や生活指導などにより、仙腸関節周囲の不調に対してお力になりたいと思います。

どうぞお気軽にご相談ください。

近年の研究では腰痛の原因として、次のようなデータが示されています。

椎間関節性の腰痛 22%
筋筋膜性の腰痛 18%
椎間板性の腰痛 13%
狭窄症による腰痛 11%
椎間板ヘルニアによる腰痛 7%
仙腸関節性の腰痛 6%

こんなことにお悩みではありませんか?

  • 寝返り、立ち上がりで痛い
  • 座っていられない
  • 立っていられない
  • 歩行開始まもなくの背中の張りや臀部痛が増悪する
  • 寝ると痛いや痛いほうを下にしてねると痛い
  • やわらかいソファーなどには座れない
  • 30分くらいしか座っていられない
  • 腰が伸ばせない
  • 下肢痛や脚にしびれを感じるけれど症状の部位が変化する
  • 側弯症がある
  • 背中の張り、動作開始時の痛み、体を動かすと痛い、会陰部痛がある

【仙腸関節に特徴的な痛み領域としびれ領域】

おしり、股関節、太もも裏から足まで。下腹から鼡径部に広がるなどと表現されるように、骨盤から足にまで広がり、神経痛と間違われることが多いです。

またしびれは狭窄症ほど連続性がなく、大腿外側や下腿、足底足背にまで報告されています

座位で坐骨結節付近に痛みを感じることもあります。

発作性の下肢痛がなく、神経痛として治療されている場合には薬物療法にも反応しづらいことも考えられますので、仙腸関節を評価する価値があると考えます。

なぜ痛んでいるのか、凝っているのか、どうすれば少しでも予防できるのか、どうすれば炎症や変性に至った肉体的ストレスを軽減できるのか、その答えを考える必要があります。

もちろん、このストーリーに代謝異常や遺伝子異常、腫瘍性病変、感染性病変、骨折などがないかは、医師が診断治療してくれます。

フィジオでは、予防医学の観点から症状の改善と再発予防、生活の質・人生の質の向上を目指して、あなたの健康をサポートしたいと思っています。

仙腸関節が原因の腰痛かな?と思われた方は、是非一度ご相談ください。

https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m10!1m8!1m3!1d3253.3597117314343!2d136.2802894!3d35.3715334!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1646873927369!5m2!1sja!2sjp

お問合せは公式LINEかお問い合わせフォーム、もしくはお電話でお待ちしています。
電話0749-65-7349
受付時間:9:00~13:00  15:00 -19:00
(土:9:00-15:00     日祝日は休業、外勤日休業)
※時間外対応は要相談

友だち追加

腰痛,ぎっくり腰,筋筋膜性腰痛,脊柱管狭窄症,変形性腰椎症と言われたけれど……

なかなか良くならない…そんなお悩みありませんか?

フィジオでは、予防医学と生活の質、人生の質を高めるために徒手運動療法、運動指導、生活指導などによりそのようなお悩みに対して、お力になりたいと考えています。

 ファイザーが8924人にインターネット調査した報告によると、「痛みがあっても我慢すべき」と回答した方が67%、「痛みの完治を諦めている」と回答した人は69%にもなったということです。

滋賀医科大学付属病院 ペインクリニック科 病院教授 学際的痛み治療センター長も推薦

辻村先生は、身体機能の総合的な評価と治療技術に優れ、人柄もよく推薦できる人物です     
                福井 聖 先生 –
 

・なかなか改善していかない

・何度もぎっくり腰を繰り返している

・慢性的な腰痛に悩まされている

・脊柱管狭窄症の治療を受けているが改善しない

・職業病と言われる、歳のせいだと言われる

近年の研究では次のようなデータが示されています。
椎間関節性の腰痛 22%
筋筋膜性の腰痛 18%
椎間板性の腰痛 13%
狭窄症による腰痛 11%
椎間板ヘルニアによる腰痛 7%
仙腸関節性の腰痛 6%

レントゲンやMRIなどの画像所見のみで診断され治療を受けているけれども、なかなか改善していかない。そのような難治性ともとれる症状の原因には、変形やヘルニアなどの所見と一見関係のないようにみえる、別の部位や別の組織に原因が隠れていることが少なくありません。

原因としてはファシア(筋膜として知られている)の異常や、不安定性などの動きの異常、生活の中での姿勢や動作の習慣などによるカラダの変化が良く見られます。

例えば、腰が痛いというのは何らかの姿勢や動作の負担が蓄積した「結果」です。そして医療の治療対象となるのはこの「結果」であることが多いです。

変形したというのも「結果」ですし、狭窄症でさえその部位を狭窄させるような股関節や胸郭などの可動域制限などの異常がもたらしていることもあります。

もちろん結果的であれ、重度の変形や変性などの構造的な問題が重症であれば外科的な解決策が必要です。(特に排尿や排便に変化があればすぐに病院に行ってください!)

一方で特に痛み止めやマッサージしか対処方法がないというような状況に置かれていて、さらにそのような期間が延々と続いてるのならば、人間の身体には構造以外に重要な要素があることを知ってください。

投薬も注射も、マッサージも電気治療も、同様に結果生じている「痛み」を治療しています。

緊急度や危険度の低い腰痛の悪化を予防し、スムーズに改善するように、そして生活の質や人生の質が高まるように、また再発を予防できるように、しっかりと向き合っていきたいと思います。

少しでも、あなたのお力になり、健康へのサポートができれば幸いです。

https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m10!1m8!1m3!1d3253.3597117314343!2d136.2802894!3d35.3715334!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1646873927369!5m2!1sja!2sjp

お問合せは公式LINEかお問い合わせフォーム、もしくはお電話でお待ちしています。
電話0749-65-7349
受付時間:9:00~13:00  15:00 -19:00
(土:9:00-15:00     日祝日は休業、外勤日休業)
※時間外対応は要相談

友だち追加

歳のせい、仕事のせい、家事のせい、育児のせい……と解決策のない原因を突き付けられて、将来どうなってしまうんだろうと不安を感じていませんか?

また「手術するほどでもないし、様子を見てください」と言われて、我慢したり、またもう諦めているということはありませんか?

 フィジオでは、予防医学と生活の質、人生の質を高めるために徒手運動療法、運動指導、生活指導などによりそのようなお悩みを改善したいと考えています。

ファイザーが8924人にインターネット調査した報告によると、「痛みがあっても我慢すべき」と回答した方が67%、「痛みの完治を諦めている」と回答した人は69%にもなったということです。

腰痛の原因の85%は原因不明だということが長く定説となっていました。

しかし、近年の研究では次のようなデータが示されています。

椎間関節性の腰痛 22%
筋筋膜性の腰痛 18%
椎間板性の腰痛 13%
狭窄症による腰痛 11%
椎間板ヘルニアによる腰痛 7%
仙腸関節性の腰痛 6%

もちろん、重篤な疾患(悪性腫瘍、感染、骨折など)、下肢の神経症状を併発する疾患(椎間板ヘルニア)、各種の脊柱周辺の退行変性病変(椎間板や椎間関節の変性など)が原因となる腰痛もありますので、注意が必要です。

近年、骨関節、筋肉、神経といった解剖学的構造物にファシアという構造物が新たに定義されました。そして、そのファシアという新しい構造物が、痛みやしびれ・こりなどの症状を引き起こす重要な組織であると注目されています。

フィジオでは、こういった組織が姿勢の悪さや生活習慣などからくる負担によって症状を出すと考えています。そして、それを予防することが大切です。そのために、徒手運動療法によりその組織への負担軽減や痛みの緩和をめざし、さらに生活指導により生活習慣の改善などを実施します。

症状を起こす原因は、いくつもの要因が重なって生じます。そういった要因を一つ一つ改善していくことにより、症状を起こす原因(時に患部)への負担がへり、日常生活においても症状をコントロール(自己管理)していくことができます。

※医療機関ではありませんので、病気の治療を目的とすることはありません(病気とは:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%97%85%E6%B0%97)

詳細は下記の各ニューからご確認ください。

身体の動きを見て、直接筋肉の硬さに触れて施術する辻村先生の姿は、本来医師に対して患者さんが期待したものに違いありません。

さいとう整形外科リウマチ科 院長 斎藤 究 先生

腰痛,関節痛,神経痛,コリなどでお困りの方へ

友だち追加

お力になれることがきっとあると思いますので、まずはお気軽にご相談ください。

https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m10!1m8!1m3!1d3253.3597117314343!2d136.2802894!3d35.3715334!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1646873927369!5m2!1sja!2sjp

お問合せは公式LINEかお問い合わせフォーム、もしくはお電話でお待ちしています。
電話0749-65-7349
受付時間:9:00~13:00  15:00 -19:00
(土:9:00-15:00     日祝日は休業、外勤日休業)
※時間外対応は要相談

友だち追加

日本整形内科学研究会 第4回学術集会に合わせて、第2回日本ファシア会議が開催されます。

昨年に続き、今年もシンポジウムに登壇させていただきます。ご高名な先生方に並び大変恐縮ですが、ファシアのメカニズムを考える臨床的な内容でお話したいと思っています。

漢方で有名なツムラが調査した結果、コロナ禍により6割の人が「なんとなく不調」を感じているということです。コロナ禍も長くなり、悪化傾向のようです。

 調査によれば、
全体でみると
1位 「目の疲れ」(59.8%)
2位 「肩こり」(56.3%)
3位 「疲れ・だるさ」(55.4%)
4位 「頭痛」(49.6%)
5位 「イライラ感」(46.9%)

男性の場合
1位 「目の疲れ」(51.0%)
2位 「疲れ・だるさ」(44.9%)
3位 「肩こり」(44.0%)

女性の場合
1位 「目の疲れ」「肩こり」(同率68.7%)
3位 「疲れ・だるさ」(65.9%)

となっています。

スマートフォンやテレビなどの見過ぎが要因となっているような印象を受けますが、あまり我慢しすぎるのもよくありません。女性の不調の上位である「肩こり」「倦怠感」「イライラ感」「頭痛」は、更年期障害やPMS(月経前症候群)でも現れる症状です。女性のホルモンによる変調が、コロナ禍によるストレスでより顕在化しているのかもしれません。

このような何となく不調な症状には、身体機能をチェックして対処することが有効です。

ほぼ症状が出る前に、また出ている部分には、柔軟性の低下や筋力の低下などの機能的な問題が出ています。
それを見つけて対処することで、そのような何となく不調に早めに対処していきましょう!

滋賀県長浜市 リハビリとトレーニング PHYSIO

オンライン ビジネスパーソン専門肩こり腰痛道場

みんなのダイエットオンライン(管理栄養士による健康になるための栄養チェック)

フィジオをはじめて16年、理学療法士になって21年。施術者に依存させるのではなく、主体性を育む関わりあいを意識してきました。肩こりや腰痛の多くは、器質的な問題(〇〇病、○○炎)などで生じるものではなく、生活習慣や職業習慣が関係していることが少なくないと考えるからです。

コロナ禍もあり、オンラインのビジネスパーソン専門 肩こり腰痛道場を企画しました。

肩こりや腰痛を自分で予防したり、自分で管理できるように力をつけたいという方を対象に、一回40分、全8回(2カ月間)の講義+オンライン相談のプログラムです。

まずは公式LINEでお問合せいただき、チャットで面談させていただいたうえで、入門いただきます。道場といっても現在はマンツーマンです。

動画を見て、気になった方は、ぜひWEBサイトをご覧ください。

ビジネスパーソン専門 肩こり腰痛道場 http://minnanodiet.jp/forbusiness/

朝起きた時から肩こりや首凝りが辛くって…ということはありませんか?
一日中、あまり楽な時間帯がない…とか。
それがあまりにも続くと、頸肩腕症といわれるような状態になってしまうかもしれません。

実はそういう方は、決して珍しいわけではありません。フィジオにご相談に来られる方にも、そのような方はおられます。

みなさん、病院や接骨院、鍼灸院などに長く通ってきたり、自分でもいろいろと対処してきたということが少なくありません。

肩こりや首凝りは、まず重力の影響…つまり筋肉の疲労を考えると思います。さらには、関節の不具合からくる反射的な筋肉の緊張であったり、ストレスなどからくる筋肉の緊張であったり、さまざまな要因が考えられます。

どれも正解。複合的に、疲労が50%、関節の不具合が40%、ストレス10%と、人それぞれに割合が異なるのは当然です。

ただ多くの方が、それ以外の呼吸循環器系の影響までは考えてこられていないことが多いと感じます。

そのことを踏まえて評価していくと、長年の辛い肩こりや腰痛がすーっと改善されていくことに「信じられない」「うれしい」というコメントを頂けるような変化が出ることもあります。

全ての方がそのような良好な結果を得ることをお約束することはできませんが、身体の機能をトータルに考えて、局所の問題を改善する、ということは、少なくともフィジオだからできることだと自負しています。

お気軽にご相談ください。

https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m10!1m8!1m3!1d3253.3597117314343!2d136.2802894!3d35.3715334!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1646873927369!5m2!1sja!2sjp

お問合せは公式LINEかお問い合わせフォーム、もしくはお電話でお待ちしています。
電話0749-65-7349
受付時間:9:00~13:00  15:00 -19:00
(土:9:00-15:00     日祝日は休業、外勤日休業)
※時間外対応は要相談

友だち追加

長引く腰痛……納得のいく原因がわからない
そんな方は少なくありません。思ったよりも多くの方がそのようなお悩みをお持ちのハズです。

私自身は20年以上、腰痛という症状の方の医学的リハビリテーションに携わってきた経験があり、実際にそのようなことをお聞きすることが珍しくありませんでした。

とても残念なことに、どこかの整体や治療院で不安を煽ることが集客のクロージングになっていることが少なくありません。
「よくこんなに歪んでいるのに生活していられましたね」
「膝の状態は重症のようです。」
「今からしっかり取り組んでおかないと、将来大変なことになります。I」
「このままでは寝たきりになりますよ」。。。。。。

またお医者さんからは、こんな言葉を言われて傷ついたということも。
「歳のせいだからあきらめて」
「仕事のせいだね、仕方ないね」
「変形しているから手術するしか方法はないですね」
「異常は見当たらないから、痛み止めを出しておきます」
「気にし過ぎじゃない?」
「みんな痛くっても頑張っているよ」

「で、どこに相談したらいいんだい?」
「私はどうすればいいんだい?」

どんどん不安になる。恐怖さえ感じる。動かないと痛くない。
だけど働かなきゃ。学校へいかなきゃ。畑がしたいよ。旅行にも行きたい。

大切なことは正しい情報をもとにして対処すること。インターネットにのっているキャッチ―な言葉や偏った情報の9割は適切ではないとも言われています。

【患者さんの声】【ビフォーアフター】・・・悪いことは載っていません。加工もできるし、お金を払えば【クチコミ】も捏造できます。ホームページに載っているこのような情報も、適切でないものもある、ということです。

これは膝の治療方針をまとめたものですが、腰痛も第一選択は同じです。パフレットを渡されただけでは十分な知識(教育)は得られませんよね。

わりと少なくない方が、この第一選択となる介入をほとんどされたことがない!と私は印象として感じています。

こういったガイドラインでもわかるように、治療の第一選択にいる主役は患者さん自身です。まず先生にお勧めの書籍を訪ねたりして学び、運動したり、体重管理にもつながりますが不摂生を正し、質の良い睡眠をとる。無理のないペースを把握するなどしてみることをお勧めします。

当方はパーソナルトレーニングジムの一室を身体のコンディショニングルームとして使って、腰痛や関節痛、肩こりや首こりなどの相談も受け付けています。

#滋賀県 ♯腰痛 ♯ファシア ♯関節痛 ♯神経痛
などご相談先をお探しの方は、お気軽にご相談ください。



滋賀県長浜市のリハビリ&トレーニングPHYSIOです。
20年以上、痛みに関わっていますと、筋肉や関節と一見関係のなさそうな機能がうまく使えておらず、痛みやしびれにつながっているということにきずくことがあります。

その中でも、代表的なのが頚肩腕○○が長引いて困っているという労働者さん方です。

ブロック注射に薬物療法にマッサージ、鍼治療、お灸、理学療法など考えられることはしっかりやってきているんだけれどなかなか思ったように改善していかないというケース。

レントゲン上でストレートネックだったり、椎間板変性があったり、痛みやしびれでお困りです。

労働ができない、家事が辛いという方も少なくありませんね。

朝起きて目が覚めた時から辛い。四六時中いろんなところが辛い。

そういわれる方も少なくありません。

睡眠習慣だったり生活習慣だったり、一見無関係なことが要因になっていることもあるようですし、また呼吸機能や自律神経機能、不安なども要因になっていることもあるようですね。

医療としてはやはり悪いところを治すということが重要ですが、悪いところを治すという視点だけではうまくいかないことが少なくないのもこの症状の方に特徴的かもしれません。

フィジオでは、そのような部分を補完する形で、体の機能を向上させてそのような状態からの脱却を試みています。

理学療法士による身体調整やトレーニングですので、主治医もしくは産業医の方も、連携してくださる方もあると思います。連携もできますので、よろしければお気軽にご相談ください。

https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m10!1m8!1m3!1d3253.3597117314343!2d136.2802894!3d35.3715334!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1646873927369!5m2!1sja!2sjp

お問合せは公式LINEかお問い合わせフォーム、もしくはお電話でお待ちしています。
電話0749-65-7349
受付時間:9:00~13:00  15:00 -19:00
(土:9:00-15:00     日祝日は休業、外勤日休業)
※時間外対応は要相談

友だち追加
女性なら恥骨痛をそのように表現されることがありますが、男女共通にあるのは、肛門周囲や会陰部の不快な症状を表現されます。   MRIやCTなどをとっても原因なし、前立腺を調べるための内診も異常なし、婦人科での経腟エコーや内診も異常なし… それでも私は、あそこがムズムズ、しびれる、不快なのだという方はいらっしゃいませんか?   私自身、その嫌な症状を経験したことがあり、遠く名古屋の整形外科クリニックに週一で通院した経験があります。そして元患者として、おそらく多くの専門家よりも、その不快感やお困り事、そして解決方法もしくは症状の緩和方法を知っていると思っています。   私が注目しているのは、仙腸関節の機能不全、臀部の機能不全、骨盤底の機能不全であり、それらによって周囲にある筋膜と末梢神経が機能不全に陥りそのような不快な症状となっているのではないかという点です。   そこで解決方法としてはいくつかあります。まずは身体機能をしっかり評価し、そして問題は改善するという点です。専門家による徒手的な介入や、セルフケアが考えられます。次に、座りすぎるもしくは立ち続けるという何気ない生活習慣の見直しです。そして最後に呼吸です。しっかりと横隔膜を動かすことで骨盤底への血流を促し、かつ自律神経機能を正常化することを狙います。   しかし徒手による介入は誰にでもできるものではありません。この部分が注目されるようになったのはおそらくここ2-3年であるからです。私を治療してくださった整形外科医は、数十年間、第一線で骨盤をみてこられた先生ですが、ここ数年でそのような随伴症状に気が付いたとおっしゃっていました。   滋賀県(長浜市)に週に一回通っていただける地理にある方には、是非ご来店を検討いただければと思います。   まずはお気軽にお問合せください。
https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m10!1m8!1m3!1d3253.3597117314343!2d136.2802894!3d35.3715334!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1646873927369!5m2!1sja!2sjp
お問合せは公式LINEかお問い合わせフォーム、もしくはお電話でお待ちしています。 電話0749-65-7349 受付時間:9:00~13:00  15:00 -19:00 (土:9:00-15:00     日祝日は休業、外勤日休業) ※時間外対応は要相談
友だち追加